妊娠中の整体院で頭蓋骨の歪みをとり顎関節症を治す

物をかむときに負担がかかり痛んだりする

人間の体は日常生活の様々な動きや癖、筋肉のバランスなどによってさまざまな歪みを生じます。側頭骨の頬骨弓の根元の部分に窪みがあり、その部分が下顎骨と顎関節を作っています。下顎骨は筋肉で頭蓋骨にぶら下がっていて可動性がありますが、顎関節が動くためには頭蓋骨がきちんと支えられ、口を開閉する筋肉がスムーズに動く必要があります。頭蓋骨が様々な原因によってゆがんでしまうということは、顎関節のいうなれば土台がゆがみ、顎関節症になり、物をかむときに負担がかかり痛んだりする症状が現れます。妊娠中の整体院では顎関節症の改善のために、頭がい骨の歪みを解消する治療を行います。頭蓋骨がゆがむことで痛みだけでなく見た目的にもいろいろな影響を与えます。

筋肉の緊張を取り除くことでバランスを整える

目と目の間が広くなったり、顔全体が大きくなる、鼻筋が広くなるなど、顔の見た目にも頭蓋骨の歪みは多くの影響を与えます。顎関節の土台がゆがむことで起こる顎関節症は、物をかむなどの虎児によって負担がかかると痛みを感じたり、口が開かなくなることもあります。また口を開ける時に骨がこすれるようなじゃりじゃりという音がすることもあります。歯のかみ合わせの調整が必要なケースも少なくないのですが、妊娠中の整体院では、頭蓋骨だけでなく全身の骨格の歪みと筋肉の緊張を取り除くことでバランスを整える効果を上げるという治療を行います。また、物理的な力による治療だけでなく、精神的なストレスによって頭蓋骨がゆがむケースでは心理面との関連を考慮して施術を行います。

ページのトップへ戻る