食材については栄養のことも考えて

日常生活においてはとかく食事は好きなものを食べて偏食に偏ることもあります。一定の年齢になると運動量の不足などから生活習慣病と呼ばれる好ましくない病気が起こることもあります。もし子どもであっても生活習慣が乱れるとこれにかかるケースもあるとされています。
代表的な病気としては心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病や高血圧、がんや肥満などが良く知られています。2010年の調査ではがんや心筋梗塞、脳梗塞などの脳血管疾患の3つで死亡する割合が全体の約3分の2とされていて生活習慣の改善は健康な日々を送るには大切とされています。

生活習慣病の原因とされているのは食事や運動、飲酒や喫煙、睡眠やストレスとなっていて高血圧や高血糖を予防するには血管を守ることが重要であるとされています。従ってこれらを予防する意味で食事内容は栄養バランスがとれたものにすることや規則正しい生活と共に正しく1日3食食べることが大切とされています。そして食事の前に野菜を摂るなど、野菜を挟んだ食事は欠かせないとされています。野菜を食べることで糖分が体内に取り込まれるスピードを緩やかにすることができ、体への負担を軽減できると言われています。さらに野菜はがんの元になる傷つけられた細胞を修復する作用もあるとされています。食事を抜くと血糖上昇を招いたり肥満にも結び付くと言われています。

しかし食材では野菜ばかり食べるのが良いというわけではありません。日本全国で長寿の県とされる長野とか沖縄では高齢者もかくしゃくとした態度で生活を送っていてこれは肉類などの蛋白質を多い頻度で摂っているからとされています。
毎日の生活に必要な食材としては蛋白質としては肉類やそれと同程度含まれる魚類、さらには卵があげられています。
牛乳には蛋白質や脂質、炭水化物やカルシウム、カリウムなどが含まれ優れた栄養源として知られ高血圧にも効果的とされています。
大豆は植物性蛋白質で日本人は昔から豆腐や保存食の高野豆腐として多く摂られて来ました。血中コレステロールを低下させ肥満の改善効果があるとされています。その他炭水化物や植物繊維、カリウムやカルシウム、マグネシウム、ビタミンB1やEなど様々な栄養素が含まれていて有用とされます。
海藻はカルシウムやミネラルが豊富で植物繊維も多く含まれるとされ肥満や高血圧の予防になるとされています。イモはカリウムが多く含まれ高血圧に良いとされその他に亜鉛やマグネシウムも含まれ有用とされています。
果物はビタミンやミネラルを始め植物繊維が含まれ通じに良く健康や疾病予防にもなるとされます。
油は運動を行う場合に脂肪を蓄積して糖が尽きるのを抑えるとされ、従って全カロリーの5%程度摂るのが良いとされています。緑黄色野菜はビタミンAが含まれ食道や胃、肺などのがんの予防になるとされています。これらの食材は毎日摂ることが望ましいと言われています。
ここならどんな食材も手に入ります→業務用野菜の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ